着付け教室ポータルサイトのお約束事

①掲載内容変更について

 いつでも変更が可能です。掲載内容、写真の差し替え希望の場合はお気軽にお知らせください。(反映されるまで1週間ほど掛かります。)

②掲載削除について

 削除を希望の場合は、必ずお知らせください。お申し出がない限り、掲載させていただいております。(削除されるまで1週間ほど掛かります。)

③宣伝について

 当サイトから宣伝活動をお願いすることはございませんのでご安心ください。当サイト名、サイト内写真、URLなどは、ご自由にお使いください。

④ご予約について

 当サイト経由で着付け教室様にご予約が入った場合、こちらにお知らせいただく必要はございません。紹介手数料等もいただきませんのでご安心ください。

⑤ご紹介について

 着付け教室様からのご紹介で「わたしの和だんす」をご利用いただいた場合、心ばかりですがお礼をご用意しております。

【ご紹介者様特典】

お1人様ご入会につき1,000円分のQUOカードをプレゼント。

※ご利用者様が新規会員の方に限ります。

※ポータルサイト掲載着付け教室様に限ります。

【ご利用者様特典】

初回事務手数料(2,200円)が無料。             

※コース購入時の【お支払い方法】ページ内の「その他お問い合わせ」欄に必ずご紹介の教室名を記入してください。記入がない場合、特典は無効となります。

その他ご不明な点やご質問がございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは info@wa-dansu.com

【わたしの和だんす】着付け教室ポータルサイト掲載についてのご案内

「きものは借りたいけれど、自分では着られない」

「近くで着付けをしてもらえる教室を紹介してほしい」

というお客様のお声にお答えしたく、全国の着付家教室様を当ホームページでお探しいただける 「着付け教室ポータルサイト」を開設することにいたしました。


掲載費用は掛かりません。掲載をご希望の場合は下記情報をお知らせいただけましたら幸いです。どうぞお気軽にお問い合わせください。

【掲載情報】

  1. 教室名(必須)
  2. 教室サイトURL(HP・ブログなど) ※
  3. 所在地 ※ 市町村名までは必ずお願いいたします。
  4. 電話番号またはメールアドレス ※
  5. 定休日 ※
  6. 営業時間 ※
  7. アクセス ※
  8. 教室から一言(200文字以内)(必須)
  9. 写真(スクエア 推奨サイズ:250*250ピクセル)(必須)

※は任意ですが、当サイトからお客様が直接お問い合わせができる形が理想です。

掲載情報送り先:info@wa-dansu.com

掲載についてのお約束事はこちらをご確認ください。 

女性なら、きっときものは好きなはず・・・なのに、「きものは高い」「着るのが難しい」とハードルが高く感じ敬遠している方が残念ながら少なくありません。

私たちは少しでもそのハードルを下げ、きものを身近に、そして気軽に楽しんでいただける方を増やしたいと思い、定額制のきものレンタルサービスを始めました。

まずはレンタルできものを着る楽しみや喜びを体感してもらいたい。そしてそのことがきものの世界を知っていただく機会になり、後には日本の伝統技術を後世に残すことに繋がれば・・・と思っています。

そんなわたしたちのきものを愛する思いに共感してくださる全国の着付け教室様にぜひご協力をいただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

わたしの和だんす 
https://wa-dansu.com/  

手しごとブランド<しゃれ千>

手しごとブランド<しゃれ千>

壯一朗先生とみどり先生

しゃれ千 壮一郎 先生 染色作家

奈良芸術短期大学染色科卒
染色一般と日本画(水墨)を専攻・着物研究家
きもの語りと実演
染色歴 45

しゃれ千 みどり 先生 本友禅・型絵染作家

現滋賀短期大学旧生活デザイン科卒
卒業後広告会社で7年間グラフィックデザインの勉強をした後、
本友禅の世界に入り28

<「しゃれ千」の3つのこだわり>

1.昔からある伝統技術と新しい技術の融合「温故知新」

2.11点を丁寧に手作業で「手のぬくもりを感じられる作品作り」

3.着てみたいと思ってもらえるおしゃれな着物「着物はファッション」

伝統技術と聞くと、古典的で堅苦しく感じる方が多いと思います。 しかし先生の作品は伝統技術で作られたものですが堅苦しくなく、 柄は親しみやすいものが多く、色は淡い色から鮮やかな色まで、 日常生活の中でも着やすい女心をくすぐるものがたくさんあります。

<壮一郎先生のブランド>

「こもんDEこもん」

小紋DE小紋

伊勢型紙※1を使って染められたきものです。

遠目では分かりづらいですが、柄の中に点々が見受けられます。

この細かい点々模様が伝統技術の技。

熟練の職人の腕がないと、細かな目は染まりつぶれてしまいます。

手仕事ならではの丁寧で繊細な仕上がりです。

 

伊勢型紙

 

 

※1 伊勢型紙とは 和紙を加工した紙に彫刻刀で、
きものの文様や図柄を彫り抜いたもの。

 

 

 

 

 

【流美音(るみね)染め

流美音染

 

「流美音(るみね)」とは、「きものを美しく照らし輝かせる」という意味。

たてに流れるぼかし柄で、美しい音が流れている様を表現しています。

13mもある反物を、濃い色と薄い色を刷毛を使って

同時にぼかしていくには高度な技術を要します。

また色味やぼかしのリズムを均一に染めるには、

1反を仕上げるまでは手を休めることができず根気と忍耐力も求められます。

使う色は2色から4色ほど。色の数の分だけ、同時に使う刷毛の数も増えます。

 

 

奏珍(そうちん)染め

奏珍染  奏珍の名前の由来は、「壮一郎の珍しいきもの」。

最初は名前の一字を用いて「壮珍染め」としていました。

しかし壮一郎先生がギターを奏でることから、

息子さんからのご提案で「奏珍染め」とされたそうです。

流美音染めがたてぼかし染めなのに対し、奏珍染めは刷毛を横にスライドさせるように使って、

縦幅約13cmペースでぼかしていく技法です。

きものは1反が約13mなので考えると気の遠くなるような作業。

しかし壮一郎先生は技術を残すために取り組んでいらっしゃいます。

たてに流れる「流美音染め」と横ぼかしの「奏珍染め」。

どちらのきものも美しいグラデーションです。

きものはファション」とおっしゃる先生の作品は、

帯や小物もコーディネートの幅が広く楽しめるものであり、

まさに着る人が美しく見えるきものです。

 

 

壮一郎先生の代表技術 「素描」

たゆませた反物に図案も描かず下書きなしに直接色を挿していく技はまさに熟練の職人技。

筆の先で布を捕らえ、その上を自由に躍らせる感覚は 経験以外に得られるものはないとのこと。

このような墨の濃淡のみで表現できるようになるまでには20年もかかるそう。

素描

 

そして墨を置いた部分がにじみ広がりすぎないように、

下から発熱器をあて、火を微調整しぼかし具合(色の広がり具合)を決めていくそうです。

 

 

<みどり先生の帯>

みどり先生は壮一郎先生のきものに合う帯を作成しています。

きものや帯の制作は、通常はそれぞれの作業を各専門の職人さんが分業で行いますが、

みどり先生は図案から防染のための糊置き、

そして彩色まですべてお1人でこなされる数少ない技術者です。

「街で目にする風景なども参考に好きなものを描いています」 とおっしゃる先生の作品は、

身近でそして懐かしく温かみを感じるものが多いです。

みどり先生

 

 

とにかく色にこだわるみどり先生。

色と色の境にあたるぼかし部分の移ろいがなんともいえない美しさ。

筆でのぼかしはとても難しく高い技術が求められます。

描かれた帯

 

みどり先生の帯を締めると、凛とした美しい女性の後姿が目に浮かびます。

 

 

<作品作りに欠かせない道具>

伝統工芸士の先生も少なくなってきていますが、

作品作りに欠かせない 道具や材料を作る職人さんも減っています。

みどり先生が手がける防染に使う道具も先生ご自身が工夫して手作りされています。

道具1

 

こちらの道具で細い線(水色の部分)を描いていきます。力加減によって線の太さが変わるので、 均一に引くのは至難の技です。

 

刷毛

 

壮一郎先生がぼかしに使用する刷毛も
手に入らないものもあり、 代わりになるものを使ったり 工夫しながらされているとのことです。

刷毛にはブタやイタチなどの毛が使われています。

 

道具が手に入らないから完成できなくなった技術もあるそうです。

 

 

わたしの和だんす」では、月々5,900円(税別)で借放題できます!! ネットレンタルサイトで、サイト専属のコーディネーターも2人いらっしゃいます。 電話や、メールでお問合せ頂きますと、相談も受け付けていますよ! 是非、一度サイトの方も見に来てください♪

着物初心者におすすめお手軽洗える着物

こんにちは~!

1年前は一般peopleの私でしたが、

普通に街中あるいたり、電車乗ったりしている中で

着物着ている人ってあんまり見ないですよね。

着物いつも着ているよという方はこちらの話題から

ただ、最近というかここ数年

15ce9b6f1bab706eaa8fee08436a0e4d_t

京都の着物レンタルって流行ってますよね。 実際歩いてみると、外国の方も多いですが、 着物着ている方を良く見るんですよね。

観光レンタルといって1日着物レンタルできるサービスですよね。

京都で着物レンタルによく使われているのが、ポリエステルの着物になります。

お手軽洗えるのきものとは?

洗えるきものってその名のとおり、ご家庭で洗濯可能なんですよ!知っていました?

またしわになりにくく、合成繊維なのでカビもつきにくいで12251136_5a40641c38274す。

比較的安価自分で洗える着物なんで比較的メンテナンスも 簡単で初心者におすすめです。

デメリットとしましては、保湿性はなく、吸湿性も乏しいところですかね。

吸湿性が低いということは、洗濯の乾きは早いんですけどね!

一番の魅力は、ご家庭で洗濯できることですね。

気軽にお食事に行く時に気にせず食べれますし、観光にも便利です♪

洗えるきもの、これだけは気をつけて!

9fd688c10d2ca386aee03b1b28912cb1_s

洗えるきものは、合成繊維で出来てまして、安価で便利なんですけども

表面がつるつるしていて着崩れしやすいです。あと、着物好きの集まりや、

格式が高いパーティ等では、着物好きの人だとポリエステルだとわかりますので

ご自身の判断で着られるといいでしょう。

ここで一つ宣伝です。

洗えるきものを月額定額制でレンタルしているところがあるんですよ!

京都だと一日レンタルで2000円~あると思うんですけど、

わたしの和だんす」では、月々5,900円(税別)で借放題できます!!

ネットレンタルサイトで、サイト専属のコーディネーターもいます。

電話や、メールでお問合せ頂きますと、相談も受け付けていますよ!

是非、一度サイトの方も見に来てください♪

わたしの和だんす

バナー画像